2011年12月16日

●市内9低地区の総合浸水対策 緊急事業等を推進

s-甲突-2ポンプ場写真.jpg  平成16年の8月・9月、17年の9月、年間で最も潮位が高くなる時期の大潮の満潮時に最接近した計3回の台風が、市域内の低地区に床上・床下等の甚大な浸水被害をもたらしました。
 被害を受けた住民からの声を受け、毎年の予算編成申し入れ等で早期の抜本的対策の実現を求めた結果、下水道総合浸水対策緊急事業等により平成24年3月末で、水路の新設や新たなポンプ場の設置等の施設整備が完了することとなった。(写真は甲突ポンプ場)
posted by 長浜昌三 at 15:02| 主な実績(行革編)